4度の留学で1歩ずつ!オーストラリアで、ワーホリ×フリーランスを実現するまで

ワーホリ・オーストラリア

こんにちは、あい(@aitabata22)です。

現在、ワーキングホリデー6ヶ月目で、オーストラリア・メルボルンから、この記事を書いています。

 

 

留学を中心とする教育事業をグローバルに展開する「EF Education First」さん主催で、「私のトラベルストーリー」がテーマのブログコンペ開催中とのことで、今回はこのテーマで記事を書いてみたいと思います。

 

留学事業を展開されているにも関わらず、今回のコンペでは、留学だけでなく、ワーキングホリデー、バックパッキング、海外旅行、国際恋愛までもが対象になっていることに、お世辞抜きでEFさんの懐の深さとビジョンの広さを感じます…!

 

SNSで「#eftravelstory」と調べると、他にも様々な体験談を読むことができるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

ということで、わたし自身、様々なスタイルで、留学・旅を経験しているので、それらがどのように「今」の自分に影響しているか、という視点で「トラベルストーリー」を書いてみたいと思います。

 

と、その前に、初めましての方に向けて、わたしの簡単な自己紹介です。

多葉田 愛(たばた あい)
25歳・千葉県出身
日本の会社で、広報と旅行事業立ち上げを経験。
2018年8月から、フリーランスとして独立。
計4回の留学経験→オーストラリアでワーホリ中!
好きなことは、旅すること、文章を書くこと、世界各地のバー巡り。
詳しい自己紹介は、こちらからどうぞ!

 

「海外体験」は、わたしの人生から無くすことのできない、とても大切な要素です。

留学・旅中には、たくさんの出会いと経験、ターニングポイントがありました。

 

この記事は、留学に興味があるけれど、悩んでいる人はもちろん、海外・留学自体の興味は薄いけれど、今の状況に満足していない人や、自分を変えたり、成長したいと思っている人にもぜひ読んでいただければ嬉しいです。

 

1ヶ国目:始まりの国「ドイツ留学」

わたしの初めての海外体験は、高校2年生の時に訪れたドイツです。

通っていた高校が、ドイツの学校と姉妹校提携を結んでいて、約2週間のホームステイプログラムの校内募集をたまたま目にして、参加することにしました。

 

きっかけは、当時ハマっていたテレビ番組で映された、ドイツの美しい街並みを自分の目で見てみたい!と思ったという至極単純な理由です(笑)

 

当時は、英語もドイツ語も全くといっていいほど話すことができず、勢いで飛び出してしまいました。

ですが、優しいホストファミリーに恵まれ、海外でコミュニケーションを取る楽しさを実感することができました。

 

また、現地の学校に通ったことで、実践型の授業を体験したり、放課後の過ごし方に驚いたり(ドイツでは高校生も車を運転することができ、飲酒も合法!!)と、異文化の面白さを知ることができました。

 

短い期間ですが、このドイツでのホームステイをきっかけに、英語を勉強する理由が見つかり、当時悩んでいた進路を決めて、大学では英米文学を選考することに決めました。

 

<関連記事>
・EFの「ドイツ留学」プログラム
・「学校がつらい、つまらない人へ。高校入学から10年後の”今”思うこと
高校生活の振り返り記事ですが、ターニングポイントとなった「ドイツ留学」についても詳しく書いています!

 

2ヶ国目:反省もあった「カナダ留学」

大学では2年次に、授業のプログラムを利用して、カナダへ留学に行きました。

 

ここでは、元気でチャーミングな3姉妹とイタリア人の留学生のいる賑やかなお家にホームステイをしました。

観光地を訪れたり、語学学校のクラスメイトと遊んだり、楽しく過ごしたのですが、学校で決められたプログラムということもあり、少し受け身になってしまい、あまりアクティブに行動できなかったことが個人的な反省点です…!

 

ですが、この反省があったおかげで、それ以降の海外での過ごし方に対する意識を変えることができました。

 

<関連記事>
・EFの「カナダ留学」プログラム

 

3ヶ国目:オリジナルの海外体験に挑戦!「イギリス留学」

前回のカナダ留学での反省を生かし、3度目となるイギリス留学では、何か違ったことにチャレンジしようと決めました。

そこで、留学フェアに参加した際に出会ったエージェントさんにアイディアをお話し、一緒にWebマガジンの立ち上げプロジェクトをすることに!

 

「アクティブな海外体験」をテーマに決め、ロンドンでの留学の様子をリアルタイムで発信しました!

スタッフの方にサポートいただきながら、ホームページの作成から、留学中の記事更新まで全て行い、英語+αの学びを得ることができました。

 

実は、このウェブマガジンは、以前EFさんのブログにも取り上げていただいています!

このウェブマガジン立ち上げをきっかけに、帰国後もウェブマガジンの運営インターンを経験したり、このブログを始めたことで、大学卒業後は企業で広報を担当し、その後マーケティング業務を中心に独立することになりました!

 

当時は、「新しいことをやってみたい!」くらいの気持ちでしたが、留学を振り返って見ると、進路やキャリアに大きな影響を及ぼしていることが実感できます。

 

<関連記事>
・「ドイツ留学からWEBマガジン創刊へ!もっとアクティブな留学を応援するCULTUREAL(カルチュリアル)ご紹介!
EFブログさんに、ウェブマガジンをご紹介いただきました!
・EFの「イギリス留学」プログラム

 

4ヶ国目:海外で働くことが身近になった「フィリピン留学」

社会人になった後も、海外フリーランス養成スクールというプログラムと、1ヶ月の語学留学で、フィリピン・セブ島を2度訪れました。

 

セブでは、初めてのマンツーマンレッスンで、自分のペースでしっかり勉強することができたのがとても良かったです。

 

また、滞在した学校が、世界一周中の旅人や、ワーホリ経験者が多く集まるところで、自分にとって「海外で働く」ことが身近なものになりました。

短期留学しかしたことがない私には、海外フリーランスや、ワーホリは、到底無理…!と自分で決めつけていたのですが、セブでの出会いや経験を経て、オーストラリアへワーキングホリデーに行く決意を固めることができました!

 

<関連記事>
・「海外フリーランス養成スクール in セブ島に参加してきました!
・「海外は好きだけど、働くのは無理?セブ留学で変わったこと

 

【現在】念願の海外長期滞在!オーストラリア・ワーキングホリデー

そして今、オーストラリアのメルボルンで、ワーキングホリデーに来て、半年が経とうとしています。

 

中学生の頃は、英会話の成績は学年最下位(笑)で、自分が海外で長期間生活するなんて、夢にも思いませんでした。

そして、現地の仕事と、自分のフリーランスの仕事の両立も叶っていますが、これは1年前にも想像できていませんでした。

 

ですが、小さな行動を積み重ねて、想像できなかったことが、徐々に身近なことになり、夢が目標へと変わりました

今、海外で過ごしている日本人も、多くの人は最初から「海外で暮らす」ことが身近だったわけではなく、まずは経験者に話を聞くことから始めて、数日間の旅や、短期留学を経て、長期間の滞在や、海外での仕事に繋がっているように思います。

 

最近は、「メルボルンの文化から学ぶ、旅と留学」をテーマに新しいプロジェクト「+Lifestyle」も始めてみました。

メルボルンには、独自のコーヒーカルチャーを始め、ストリートアートや、ヨガなど、様々な文化があり、暮らしを彩っています。

そんな文化を切り口に、語学だけでなく、人生を豊かにする学びを楽しむことをコンセプトにした体験型ウェブマガジンです。

イギリス留学の際に、初めて作ったウェブマガジンのアップデート版とも言えるかもしれません。

 

自分自身がオーストラリアの文化を存分に味わいながら、旅や留学に関心のある人へ、文化を通じた学びの機会をご紹介できればと思っています!
(もしこのコンペに当選することができたら、パース留学をして、まだ訪れたことの無い西海岸を巡れたらな…!なんて思っています!)

これからも日本と海外を移動して、文化を学びながら、自分らしいライフ&ワークスタイルに挑戦していきます!!

 

<関連記事>
・「フリーランス5ヶ月目!活動拠点をオーストラリアへ
・「メルボルン・ワーホリ5ヶ月目。交友関係と視野の広がりを実感
・EFの「オーストラリア留学」プログラム

Ai Tabata

373,912 views

「AI TIME」編集長。まちづくりベンチャー企業で広報・旅行事業立ち上げ→オーストラリア・メルボルンで海外フリーランス。企画/PR/Webマーケティングを...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。