2ヶ月でTOEIC900点突破。初めて受けた英語コーチングが最強だった!

英語・留学

こんにちは、あいです。ここ最近、大学受験以来ぶりに英語を勉強しています。

これまで短期留学も、ワーキングホリデーも経験して、確かに英語は勉強してきたけれど、「日本で」「自分の意思で」勉強しているのは、本当に久しぶり。

留学をしたこと自体をすごいと言ってもらえることがあるけれど、英語環境で英語を勉強するよりも、日本語環境で英語を勉強する方がずっと難しいと思います。人間は環境に左右される生き物なので、みんなが英語を話す環境にいたら自然と英語脳になりますが、日本にいて英語を勉強するには意思が必要です。

その意思がなくて(弱くて)、今まで英語の勉強をしたことがなかったわたしが、社会人になって今更と言われてもおかしくないタイミングで勉強を始めた理由を書いてみたいと思います。

「英語を話してみたい」と一度でも思ったことのある人に、ぜひ読んでいただければ嬉しいです。

英語に本気になれなかった理由

「英語が話せたらいいな」と思ったことは、数え切れないほどあります。
海外ドラマを観ている時、旅行をした時、外国人に道を尋ねられた時…。

でも英語を話したいと思った回数と同じくらい、諦めようと思ったことがあるのも事実です。何度練習しても思うように発音できない時、ネイティブの会話に置いてけぼりになった時、海外で英語の説明がわからずに怒られてしまった時。

日本にいたらこんなに悲しくて悔しい思いはしないのに…!と何度も思いました。

(英語が少しずつ話せるようになって)「楽しい」と(それでも自信を持って英語を話せると言うには程遠くて)「悔しい」を繰り返しては、気分によって勉強をしたり、しなかったりする日々が続いていました。

元々、英語や留学とは無縁だったわたしは、海外で働くような英語力を自分が身につけられるはずはない、コミュニケーションを楽しめる範囲の英語ができれば良いと思って今まで過ごしてきたのです。

冒頭に書いた通り、留学に行けば勉強するだろうという発想で、海外に行く→英語を勉強するという、本来であれば逆であるべき順番で、英語を習得してきました。

ワーホリ中の様子


2019年までの約1年間は、オーストラリアでのワーキングホリデーも経験しましたが、その決断も前々から計画的に準備を進めていたわけではなく、その数ヶ月前の留学で想定外の気持ちの変化が起きて、その勢いで日本を飛び出してしまいました。その時の気持ちの変化はこちらの記事「海外は好きだけど、働くのは無理?セブ留学で変わったこと」に書いています。

実際にワーキングホリデーに行ってみたら、なんとかなった部分もある一方で、ネイティブ環境に身を置いて、今までの留学以上にもどかしい思いもしたり、ビジネスレベルの英語の難しさも痛感しました。

そして帰国直後に抱いていた「日本に馴染めるかな」という不安は、1ヶ月もすれば全く消え失せ、美味しい日本食と何不自由ない日本語でのコミュニケーションに身をどっぷりと浸し、現地で使っていた英語教材を開くことは一度もありませんでした…。

で、話が終わるかなと本当につい最近まで思っていたのです。

 

帰国から1年。そしてコロナで海外に行けない日々

CROSS×ROADに留学中の様子

帰国後、すぐに転職をして、(恋愛して)、引越しをして、気がついたら2020年も終わろうとしていました。

新しい仕事にチャレンジしたり、住む環境を変えたり、自分なりの変化はありましたが、世界情勢が大きく変わる中で、自分と世界との接点を持てているかな?と、ふと立ち止まってしまったのです。

「海外に住みたい。ワーホリができる年齢を過ぎても、自分の力で現地の仕事ができるような人になりたい」

考えた末に出てきた心の声が聞こえてきました。

どんな言い訳をしても、海外で暮らす上でその土地の言語を話すことから目を背けることはできません。もっと深く現地に入っていくためには、なんとなくのコミュニケーションから、もう一歩レベルを上げたいと思いました。

そこで早速行動に移します。以前留学でお世話になったCROSS×ROAD(クロスロード)で、気になっていた英語コーチングサービスをスタートするとのことですぐに連絡を取りました。

2020年12月末からはじめ、2021年2月末のTOEIC試験本番に向けて勉強をスタートさせました。

 

目標は英語学習を習慣化すること、TOEIC900点突破

コーチと設定した目標は、①英語学習を習慣化すること②TOEIC900点突破です。

私がこれまでに出会った英語を話せるノンネイティブの人は、全員毎日英語に触れ、勉強を継続していました。なのでとにかく英語を学ぶ習慣を付けることに優先を置きました。

次にわかりやすい指標を持つために、TOEICのスコアを目標にすることを決めました。

TOEICを前回受けたのは、恐らく6〜7年ほど前の大学1年生の頃。820点くらいでした。
受験期を終えてすぐに受験したためテスト慣れしていたので、本来の実力より高めのスコアだと思います。

ラッキーで800点以上のスコアを取れてしまったがゆえに、900点を目指そうという気持ちが湧きおこらず、そのまま社会人に…。まずはシャーペンと消しゴムを買うところから始めるくらい、机の上での勉強から離れた場所から再スタートしました。

 

100点アップのための英語コーチングと学習内容

英語コーチングは週に1回30分〜1時間ほどのペースで、オンラインで行っていました。途中出張などもあったのですが、オンラインであること、コーチと柔軟にスケジュールが調整できたことで、とてもスムーズでした。

初回のコーチングで目標設定とタイプ診断を行います。
このタイプ診断が面白く、自分の英語の勉強スタイルを客観的に知ることができるのです。

私は【波乗り型】というタイプなのですが、こんな特徴があるそう。

■特徴・強み
・好奇心旺盛、失敗を恐れずにとりあえず行動する
・夢中になれることを大事にしながら力を伸ばしていく
・割り切って先に進み、大局をつかむのがうまい
■陥りがちなパターン・弱点
・興味関心の赴くままあれこれと手を出してしまう
・乗り気に慣れないと、物事が遅々として進まない

「乗り気にならないと進められない」という部分など、まさにそうで「そんな自分が継続できるのか…?」と不安だったのですが、ここでコーチが「楽しさを重視して、マイペースにやりましょう!」と言ってくれて、「あっ、続けられそう」と思いました(笑)。

こんな風に特徴、傾向を分析して、自分に合ったやり方で勉強できるのはとても良かったです。(詳しくは『超コーチング式英会話上達法』を読んでみてくださいね!セルフコーチングの方法を学ぶことができます)

楽しさを重視して、自然と勉強したくなるようにすることを基本方針に、最初の2週間ほどは自分が好きな英語系インフルエンサーATSUさんの著書『Distinction 2000』で実践的なボキャブラリーを勉強しながら、オンライン英会話で好きなトピックを話していました。

2週間ほど経ち、英語学習が習慣化されてきたなというタイミングで模試を受験。最初の点数は850点ほどでした。

そこで、リーディングが読み終わらない、知っているボキャブラリーが圧倒的に少ないという課題が見えたので、そこからは『公式TOEIC Listening & Reading 問題集』を定期的に解き復習する、TOEIC学習者必修の単語帳『TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ(金フレ)』とオンライン英会話のニューストピックでボキャブラリーを増やすという学習法に切り替えて勉強を継続しました。

学習スケジュールのイメージ

一人で黙々と2時間あまりの模試を解くのはなかなかハードルが高いですが、ここでもコーチと約束したから頑張ろう!と思えたり、CROSS×ROADコミュニティのメンバーと時間を合わせてオンラインで一緒に模試を解いたりして、本番までに3回ほど模試を練習することができました。(本当は本番までに4回は模試を解けると良いみたいです…!)

 

試験結果

マンツーマンのコーチングと、同じようにCROSS×ROAD英語コーチングを受けているメンバーとのグループコーチングで、モチベーションをキープしながら、なんとか約2ヶ月間勉強を続けることができました。

#CxR英語コーチング」で、日々のみんなの勉強の様子も見ることができるのですが、それもとっても励みになりました。

本番、試験自体が久しぶりで緊張する中、伴走してくれたコーチから私なら絶対大丈夫!という力強いメッセージをもらった時は本当に嬉しかったです。

なんとか時間ぴったりで試験を解き終えることができ、帰宅。

そこから試験結果を数週間ソワソワした気持ちで待っていたのですが…
届いた結果は910点!!

900点に届くまで何度でも受けようとは思っていましたが、勉強を再開してから一発で取ることができたのはとっても嬉しかったです。

 

CROSS×ROADの英語コーチングは、英語学習の習慣化におすすめ

これまでに他の英語コーチングサービスの体験なども受けたことがありますが、自分に合った勉強で英語学習を継続したい!という人には、CROSS×ROADの英語コーチングがぴったりだと思います。

単語学習一つをとっても、単語帳を何周も目で見て覚える人、音読して覚える人、リスニングをしながら覚える人、会話からボキャブラリーを増やす人…と、その学習法は様々です。

自分に合った学習法をコーチと探っていきながら、適切な量の勉強計画を自分の意思で立てるのが続けるコツだと感じます。私の場合、膨大な学習スケジュールを勝手に組まれたら、一瞬でやる気を失ってました(笑)。

金額的にも他の英語コーチングサービスと比較すると、半額〜4分の1以下と続けやすい価格です。無制限のオンラインレッスンが付いているのも、オンライン英会話を提供しているCROSS×ROADならでは。

■CROSS×ROAD英語コーチングのおすすめポイント
・マンツーマンのコーチングで自分に合った学習計画が立てられる(TOEIC以外の目標でも、もちろんOK)
・コーチが優しく、コーチ自身も英語を継続して勉強している
・グループコーチングもあり、一緒に勉強している仲間と勉強方法をシェアしたり、モチベーションを高められる
・オンラインレッスン付き!テスト対策だけでなく、実践的な発音練習も可能
・圧倒的にリーズナブルな価格。チャレンジ&継続がしやすい

海外に行けない今の時間を、次に海外に行く時により楽しむための時間にしてみませんか?

4月30日までの期間限定で、お試しとして2週間7,500円から英語コーチングを体験できるプランも用意されています!やりたいと思った気持ちを大切に、まずは英語コーチングをぜひ体験してみてください!

■お試しコーチングに含まれること
・1時間×2回の英語コーチングを提供
・2週間の学習進捗をメールやLINEで報告(★コーチからのフィードバック付き)
・最大10回のオンラインレッスンが受講可能
■スケジュール
初回:英語学習のカウンセリング・2週間の学習方法を作成
2回目:今後3ヶ月間の学習計画と学習方法を提案

> CROSS×ROAD公式HP

 

Ai Tabata

670,026 views

「AI TIME」編集長。まちづくりベンチャー企業で広報・旅行事業立ち上げ→オーストラリア・メルボルンで海外フリーランス。企画/PR/Webマーケティングを...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。