【シドニー女子1人旅】マーケット巡りとサンドサーフィン【4泊5日後編】

ワーホリ・オーストラリア

こんにちは、あいです。

オーストラリア・メルボルンでのワーホリ中に訪れた、4泊5日シドニー1人旅の後編です。

1-2日目の過ごし方をご紹介した【前編】はこちらをご覧ください!(「【シドニー女子1人旅】ビーチとおしゃれスポット巡り【4泊5日前編】」)

 

3日目 マーケット巡り

2日目をアクティブに過ごしたので、3日目は、ゆったりプラン。
たっぷり休んで、まずはファーマーズマーケットへ出かけました。

 

10:00 ファーマーズマーケットで、朝ごはん

ローカルな雰囲気を感じられるので、旅先でのマーケット巡りが大好き。

レンガ造りの倉庫を有効活用して、週末に開催されているファーマーズマーケットが気になり、「Carriageworks Farmers Market」へ行ってみました。

 

建物自体が素敵な雰囲気で、ひとつひとつのお店のディスプレイも含めて、とってもおしゃれ
多くの人で賑わっていました。

 

生産者さんとお話しながら、直接食材を買えるのが、マーケットのいいところ。
新鮮で色鮮やかな野菜がたくさん売っていて、住んでいたら絶対に通いたいなと思いました。

 

朝ごはんは、フレッシュジュースに。
人参とフルーツ、ジンジャーがブレンドされたドリンクを選びましたふが、とっても美味しかったです!

他にも新鮮なチーズや、手作りのパンやスイーツ、オーガニックハニーなど、ヘルシーなフードがたくさん。

試食も多いので、珍しい食材も試すことができて、楽しかったです!

 

倉庫街には、カフェ併設のアートスペースも。
わたしが訪れた時は、残念ながら設営中でしたが、大胆な展示で、とっても素敵な雰囲気だったので、マーケットを訪れた際はぜひ覗いてみてください。

 

次の行き先への道中に、美しい建築が有名な「シドニー大学」を見つけたので、少し寄り道してみました。
趣があって、すごく素敵な雰囲気!

時間が限られていたので、わたしが見れたのは外観だけでしたが、中にもアートスポットがあり、観光にも人気の場所なので、お時間ある方はぜひゆっくり散策してみてください。

 

13:00 「フィッシュマーケット」で、絶品シーフード

次に訪れたのは、フィッシュマーケット!

海外にいると、なかなか新鮮なお魚を食べる機会がないので(フィッシュ&チップスや、ロール寿司が多い)、ぜひとも行きたかった場所です。

 

中に入ると、こんな風に大量の海鮮が…!
サーモンや、マグロ、海老、オイスター。どれも新鮮で、とっても美味しそうです。

 

フィッシュマーケットでのランチは、Twitter経由でご連絡させていただいた、ご夫婦でオーストラリア・バイロンベイにワーホリ中のはだし夫婦さん(いちろーさんありささん)とご一緒させていただきました。

ボトルショップ(オーストラリアでは、スーパーではなく、お酒は専門店で売られています)があったので、白ワインを調達して、海鮮BBQや、サーモン寿司、オイスター、ホタテのチーズ焼きなどを買って、シェアしました!

 

もう本当にどれもとっても美味しくて、個人的にはオーストラリアで食べた中で、1番美味しく感じました…!

日本ではあまり見かけない組み合わせ(ホタテのチーズ焼きにご飯が入っていて、グラタンのようになっていたり、サーモン寿司にソースマヨがかかっていたり)なのも、斬新で面白かったです。

海の側で、白ワインをお昼から開けて、ゆっくり食事する時間は、本当に贅沢でした。

 

はだし夫婦さんは、Youtubeチャンネル(「はだし夫婦のワーホリチャンネル」)を運営されているので、フィッシュマーケットでも撮影をされていました。
メディア・SNS・Youtubeと様々な媒体で、どれもクオリティの高い発信をされているので、本当に尊敬します。

他にも撮影されたい場所があるとのことで、一旦ここでお別れし、夜ごはんの際にもう一度合流させていただくことになりました。

 

19:00 シドニーで、日本の定食「やよい軒」!?

スーパーで買い物をしたり、ホステルで少し休憩していると、あっという間に夜ごはんの約束の時間に。

はだし夫婦さんに、シドニーには「やよい軒(Yayoi)」があり、日本の定食が食べられることを教えてもらい、一緒に行ってきました。

 

日本から、シドニー観光に来る方は、オーストラリア ならではのものが食べたいはずですが、ワーホリで日本食が恋しくなっているわたしたちにとって、定食は何よりのご馳走!!

オーストラリアに来てから、日本のチェーン店に入るのも、定食を食べるのも初めてです!!

 

到着すると、お店は明るくてとっても綺麗。

日本では、リーズナブルで入りやすい印象ですが、こちらでは高級感がある印象。
なんと、店舗によっては、お寿司やコースメニューもあります。

 

そして、待ちに待った定食で夜ごはん。
焼き魚が本当に美味しく感じました…!!

日本のお米やお味噌汁、お漬物も懐かしくて、どの味にも感動。
本当に日本食は、素晴らしいです…!!(感動が大げさですいません…。メニューは少し異なりますが、本当に日本と変わらない味付けだったので、日本食が恋しくなった方はぜひ)

 

21:00 バーで、まったり語り

まだ時間も早かったので、バーに場所を移して、ビール片手に引き続きはだし夫婦さんとお話。

バイロンベイでの暮らし、ワーホリ中の発信について、おふたりの関係性など、話題は尽きず、お話を聞いていて発見がとても多かったです。

特に、「人に会うために、発信を続けている」という確固たる想いは、利益やフォロワー数を追い求める風潮が強い中で、自分たちにとっての目的を持っていて、素直にかっこいいと思いました。

本当に偶然でしたが、旅行の予定が重なって直接お会いすることができて、良かったです!

 

22:30 ホステルで、ムービーナイト

https://yulleness.wixsite.com/yuchenwu

滞在先の「シドニーバックパッカーズ」には、キッチン・ダイニング・ルーフトップの他に、シアタールームのようなスペースもあります。

寝る前に、少し立ち寄ってみたら、BBQパーティーで仲良くなった女の子がいたので、ムービーを観ながら、お話しました。

 

彼女は、NZワーホリ後、オーストラリアにワーホリに来たばかりで、リゾートアイランドで働きたいそう。
個人活動で、デザインのお仕事もしていて、旅で得たインスピレーションを作品に活かしているとのこと。

実際に作品も見せてもらいましたが、彼女の描く作品がすごく好きになりました!(イラストは彼女の作品です)
これからYouTubeや、ブログも始めたいとのことで話が弾み、バックパッカーならではの出会いに嬉しくなりました。

 

と、3日目は、シドニーでの出会いを楽しんだ1日になりました。

 

続きを読む
1 / 3

Ai Tabata

364,706 views

「AI TIME」編集長。まちづくりベンチャー企業で広報・旅行事業立ち上げ→オーストラリア・メルボルンで海外フリーランス。企画/PR/Webマーケティングを...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。