読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AI TIME

22歳社会人1年目のわたしが考える恋愛と働き方。旅が好き!

ブログとSNSに無関心な彼と付き合いたい

恋愛 ブログ 毒舌オピニオン

SPONSORD LINK

【人気記事TOP3】

1. 自分に自信がない人が「強み」に気がつく方法

2. 卒論がない暇な青学生がnoteで100円コンテンツを書いてみた

3. 大学生が読むべきおすすめの小説&自己啓発本16選 

f:id:aitabata:20160715233401j:plain

好きな人には、ブログを読まれたくないし、SNSも見られたくありません。
隠しているわけではないけれど、わざわざ自分から言うことはまずありません。

 

恋愛とブログのターゲットは異なる

まず、誰のためにブログやSNSを書いているのかということ。

ブログでメインで想定している読者の方は、「ひとつの趣味を掘り下げるよりも、好奇心の幅が広げるのが好きな20代の女性」。

読者には「自分が読みたいか」という視点ももちろん含まれるので、同世代の女子と集まった際に話題に登る、恋愛や仕事、おしゃれなカフェやかわいいアイテムなどの記事を書いています。

つまり、女子会気分なわけです

 

なので、気になる男性や彼氏としたい話とは全く持って違います。
女子会と合コン、会社の飲み会で話題が異なるのと同じ原理ですね。

 

余談ですが、なぜ炎上が起きるかというのも、話しかけている相手と聞いている人が違うからだと思います。

www.aitabata.com

先日のこちらの記事ですが、わたしは寄稿記事を純粋に面白いと思いましたし、女子会で話せば共感が得られる話題だと感じました。

ネットはもちろん誰でも見れる場なので、確かに偏りはある内容だったかもしれませんが、その記事を「日本人男性」が聞いたことで、炎上してしまったんですよね。

 

話を戻しますが、彼に聞いてほしいと思って書いているわけではないので、ブログは見てもらいたくないというわけです。

 

SNSに無頓着な人が好き

自分はTwitterもFacebookもInstagramもやっていますが、付き合うならSNSに無頓着な人が好きです。

 

なぜなら、わたし自身、SNSとは一定の距離を置きたいと思うタイプだから。

中には「いやいや、お前結構ツイートするし、Facebookにも投稿するじゃん!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ブログをやっている人にしてはかなり更新頻度は低い方です(キッパリ)。

Twitterは大学時代に一度やめて、昨年の冬にブログと同じタイミングで、復活したくらいだし、Instagramも友達に勧められて、じゃあやるか~!と始めたくらい。

 

ブログをやっていると、顔写真を載せたり、プライベートなことを発信することに抵抗が無いように思われがちですが、そんなこともありません。

自撮りは全くと言っていいほど撮らないので、顔写真が良いと言われるアイキャッチ写真をカメラロールから探すのには毎回苦労していますし、好き放題言っているブログでも、友達との飲み会のように、なんでもかんでも書いているというわけではありません。

そう、わたしにとってSNSはブロガー、ライターという役割があるからこそ、やっているところが大きいのです。

なので、根がソーシャルというわけでは全くもってありません。

 

SNSをやっていてもいい。賢い使い方ならね

SNSに無頓着というのは、つまり他人に無関心ということ。
わたしも自分のことを、周囲の意見を気にしないタイプだと思いますが、付き合うなら自分以上に俗世間離れしている人が好きです。

 

大学時代の彼は、髪の色が赤だったり、銀だったりして、「わ、絶対モテない・・・。女子の目線気にしてなさすぎる。ツボ!!」となったり、LINEのアイコンにやる気がないと、「やばい、人と連絡取る気ない。タイプな予感がする!!」となります。

そんな感じで他人に無関心で、「モテ」なんて全く気にせず、自分の道を突き進んでいる人を見ると猛烈に惹かれます

 

ちなみに、今の彼氏は友達の紹介で知り合ったのですが、LINEを交換したときにアイコンを設定しておらず、ときめくわたしと、それを見抜く友達という面白い会話がありました(笑)。

 

もちろん自分の道を突き進むために、ツールとしてSNSを使う人はもちろんいるでしょう。
でも、そんな人は自分の道、自分の夢にしか興味はなく、他人の日常には無関心なものです。

そういう賢いSNSとの付き合い方をしている人は大好きです。

 

心から嬉しいことは、シェアしたくない

f:id:aitabata:20160715233910j:plain

彼氏と記念日に旅行に行った帰りの出来事で、忘れられないことがあります。

彼は全く気を使わない(使えない?)タイプの人だったので、クリスマスやホワイトデーにレストランを予約してもらったことなんて一度もなく、誕生日まで忘れられる始末。

そんな調子なので、当然記念日の旅行もわたしが宿や電車の予約をしました。

そして旅行を満喫した帰りに、駅のホームでお別れをしようとしたら、なんと旅行の手配のお礼にといって素敵なブレスレットをくれたのです。

文字通り1ミリも期待してなかったので、嬉しくて嬉しくて。

 

Twitterで自慢しようか、Instagramに綺麗な写真を投稿しようかとも思ったのですが、そうして誰かとシェアすると、とたんに「よくある出来事」になってしまう気がしてやめました。

SNSでは、カップルの幸せな瞬間が溢れていますからね。

友達の幸せな瞬間はわたしまで幸せにしてくれるので、心からいいね!と思う投稿も多いですが、本当に大切な瞬間は胸に留めておく方が、特別であり続けるような気がして、ブログやSNSには書きたくないのです。

そして、男性も同じように心にだけ留めておいてくれるような人の方が素敵に思えます。

 

わたしの「発信」を理解してくれる人は神様

「SNSに無頓着な人が好き」と言いましたが、自分は無頓着にも関わらず、わたしのブログ、SNSに気を遣ってくれる人は、本当に神様だと思います。

SNS用というよりは、大抵が記録用なのですが、外食をした際に写真を撮るわたしを待っていてくれたり、「撮らなくていいの?」と聞いてくれたりすると、感動してしまいます。

彼がわたしのブログやSNSにも何の口出しもせず、信頼しているからこそ見ないでいてくれるのは本当に有り難い。

そんなわけで理想の男性は、わたしのブログと他人のSNSに無頓着な人です。

 

【おすすめ関連記事】 

www.aitabata.com

www.aitabata.com